長いこと悩んでいた顎ニキビに終止符を打った僕の口コミ

僕は、23の男です。
ニキビに悩み始めたのは中学生の頃でした。

はじめは、顔全体にポツポツとニキビが出来ていたのですが高校生大学生と進学していくうちに顔全体のニキビの数は減ってきました。
しかし、どうしても顎ニキビだけは減る様子がなく定期的に新しいニキビが出来てしまいました。
ニキビのせいで対人関係に悩むことはあまりなかったのですが、1番困っていたのは髭を剃る時です。
髭をそる時にカミソリでニキビごと一緒に剃ってしまいニキビから血が出るし、痛いしでいいことありませんでした。
そんな時テレビで「顔は第2の排出機関」つまり顔は体調の変化が一番でやすいところであるという内容の物を見ました。
それまで洗顔料とかを使って顔を清潔に保つ努力はしていましたが体の中を綺麗に保とうと思ったことはありませんでした。
その日から体調の事を気づかうようになりました。
カップラーメン等の加工食品を食べるのをやめ、ヨーグルト等の腸内環境を整える食べ物を食べ続けるようにしたところ2週刊ほどで残っていた顎ニキビがなくなりました。
もっと早くこの事を知っていればニキビに悩まされる生活なんて無かったかもしれないと後悔しています。

顎ニキビがいちごに見えると言われた私の口コミ

私はもともとニキビができやすい体質ですので、不摂生な生活をしたりほおづえをつくことで顎にニキビができてしまいます。
ニキビができてしまうと、気にしないようにしていてもふとした時に触ってしまうことがあり、どんどん大きくなっていきます。
そんな調子で新しくできたニキビを順調に育てては潰し、育てては潰し…と繰り返していました。
当然そんなことをしていたらニキビ跡になるので、お酒を飲んだりして血行が良くなると肌の奥から赤いポツポツが浮き出てくるようになってしまいました。

この衝撃的な言葉を放たれた時も顎ニキビは数個ありました。

当時の彼氏と楽しくお酒お飲んでいる時、私の顔を見ながら彼氏が言うのです。
「なんか顎にいちごついてるみたいだね」と。
私は最初何を言われているのかわからず、何言ってるのと笑っていました。
しかし、彼は真剣にもっとひどくなる前にどうにかしたほうがいいよ!と言いました。
何かと思って鏡を見ると、お酒で浮き出たニキビ跡と数個の顎ニキビが合わさって、赤くいちごの種のようになっていました。
彼氏に言われたことはとてもショックでしたが、その時にしっかりケアしようと思えたので今では感謝しています。

大きな顎ニキビができて、異常に人目を気にしていた私の口コミ

私は以前、突然大きな顎ニキビができました。
朝起きて鏡を見た時は「えっ?」となりました。普段ニキビ自体はそんなにできるタイプではなく
不規則な生活をしていると、おでこの1つニキビができたり…とかはあったのですが、
大きな顎ニキビが出来たのはその時が初めてでした。
最初は治そうと思い、いつものニキビ治療クリームを朝晩塗っていたのですが
なかなか治る気配がなく…。そのまま二週間が過ぎました。
大きいので結構目立つのです。場所が場所ですし。
毎日化粧をする際になんとかコンシーラーで隠してはいますが
なかなか隠れず。。徐々に私は人目を気にするようになりました。
お出かけをする時も、外出先で頻繁に鏡を見てニキビをチェックしたり…。
5分に1回くらいはチェックしていたと思います。。
その光景は周囲の人から見たら異常だったことでしょう。
それから一ヶ月が経ちニキビのことも気にしなくなっていました。
そうすると、徐々にニキビが薄くなり最終的にはなくなりました。
やはり、規則正しい生活を送ることとニキビを気にしてストレスを溜めないことが
ニキビを治す一番の方法なのかなと実感しました。
今ニキビで悩んでいる方は、極力ストレスを溜めないようにしましょう。